Jリーグ ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸 2017天皇杯優勝への軌跡1 。まずはリーグ戦を振り返る(前編)

投稿日:

あえて言う。

ラスト3試合、情けない逆転負けを続けた中であえて言う。

 

「ヴィッセル神戸は天皇杯優勝する」と。

 

チーム状況は酷くとも天皇杯はベスト4に残っているのである。

今年は、ルヴァン杯がセレッソ大阪が優勝で初タイトル。

リーグ戦は川崎フロンターレが優勝で初タイトル。

 

で、天皇杯に残っているチームを見たら、タイトル取ってないチームはヴィッセル神戸のみ。

ということはヴィッセル神戸が天皇杯優勝で初タイトルしかないでしょ!!

 

信じるしかないです。信じないと何も起こりませんよ。

 

なので、天皇杯優勝までの軌跡と題して今シーズンをあえて振り返りましょうか。

振り返りたくないけど。

 

川崎フロンターレが初優勝

リーグ戦は全試合終了。

シルバーコレクターと揶揄され続けた川崎フロンターレが逆転優勝で初タイトルを獲得。

(Yahoo!画像引用)

他チームながらあの魅力的な攻撃サッカーは個人的に大好き。

苦節15年。あと1歩で苦杯を舐め続けてきた中村憲剛の涙にこちらも涙。

(Yahoo!画像引用)

ヴィッセル神戸 2017年リーグ戦は9位。

さて、2016年2ndステージ2位(年間7位)からの躍進が期待されたヴィッセル神戸の成績は、残念ながら勝ち点44の9位に終わる。

開幕戦でのレアンドロ長期離脱があまりにも痛過ぎた。これに尽きると思う。

これが全て。

昨年の快進撃はポストプレーも得点もレアンドロありきであり(プラスPJの破壊力)、いなくなってからは攻撃の形が作れず、FWとして起用された渡邉千真、田中順也では代わりを担う事ができなかった。

田中順也は残念ながら期待を大きく裏切った1年。

それでも乗り切れてきた序盤は、藤田直之の存在が大きかった。しかし藤田直之も怪我で途中離脱。

後半戦は復帰を果たしたが、序盤戦のようなパフォーマンスは見せられず。

(チーム全体の問題でもある)

 

高橋峻希も2度の長期負傷離脱。

 

ニウトンも調子を上げきれなかった。

 

ガンバ大阪から移籍した大森晃太郎も良かったは最初だけ。

 

渡邉千真も田中順也も得点が取れない。

 

ウェスクレイもパッとしない。

 

怪我人の増加、主力選手の不調、移籍してきた選手もイマイチ。チーム全体としてもチグハグ感が漂い、チームは失速。

 

等々力での川崎フロンターレ戦の0対5は悲惨だった。

あの名将ネルシーニョでもその立て直す事は出来ず、夏場にネルシーニョ解任という開幕前には想定していなかった自体に陥る。

(続く)

-Jリーグ, ヴィッセル神戸

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ヴィッセル神戸。岩波拓也の移籍話だって!?

ユースからの生え抜きでオリンピック代表にも選出されたヴィッセル神戸の岩波拓也。(オリンピック直前の怪我の影響もあり本番での出場機会はありませんでしたが) さてそのヴィッセル神戸の至宝である岩波拓也が、 …

no image

対ジュビロ磐田戦。ヴィッセル神戸快勝!

ヴィッセル神戸はアウェイでジュビロ磐田と対戦。 昨年のヤマハスタジアムでは渡辺博文のゴール前でのハンド見逃しや中坂の退場に元ヴィッセル戦士の高橋祥平が絡むなど色々ありましたねえ…(・_・; Conte …

no image

ヴィッセル神戸2018年移籍情報 悪魔の左足 ティーラトン加入!

ヴィッセル神戸にタイ人のティーラトンが加入。 最大の補強ポイントとされていた左サイドバックの選手。 ACLでガンバ大阪に見せつけたコーナーキックの直接ゴールやフリーキックなど、左足の精度の高さが最大の …

ヴィッセル神戸のチケット購入はチケットぴあより楽天チケット!?

イニエスタ加入によりヴィッセル神戸の試合は毎試合チケット完売。「試合を見に行きたい!」と思っても肝心のチケットが買えないという方も多いのではないでしょうか。 ヴィッセル神戸の試合はしばらくそのような状 …

no image

ヴィッセル神戸でのポドルスキのプレースタイルは?

ヴィッセル神戸サポーターの皆さん!サッカーファンの皆さん! 3枚目JLBです!   ようやく、ようやくです。7月29日のポドルスキデビュー戦以来の勝利!そしてそのヴィッセル神戸が勝利した相手 …